NEWS and TOPICS

最新情報&お知らせ

Absolute 52FLY「日本ボート・オブ・ザ・イヤー2017」部門賞受賞

アブソルート52FLYは、この度「日本ボートオブザイヤー2017」において、栄誉ある大型艇部門賞を受賞いたしました。

アブソルート52FLYは、トランサムに設けられたBBQグリルとウエットバーに代表される、細部に配慮された、もてなしのよいデザイン性、ラグジュアリー感があるのに低燃費であることなどが高く評価されました。

アブソルート社は、世界的注目度が高く、年間建造数は86隻(2017年度)と建造実績が好調です。IPSシステムに特化した船体開発、独自のISS工法など、常に新しい建造技術を採用し、効率の良い製造ラインの構築に成功しています。1950年代から続いたゴッビ社としての前身があり、老舗の建造メーカーのノウハウを受け継ぐ現代的ビルダーです。

アプレアマーレGOZZOヨーロピアン・パワーボート・オブ・ザ・イヤー受賞

アプレアマーレGOZZOは、この度2018年1月20日にファッション業界やアートシーンで知られるデュッセルドルフで開催されたボートショー期間中の「フラッグシップ・ナイト(Private Flagship Night)」において、最も栄誉なヨーロピアン・パワーボート・オブ・ザ・イヤーを受賞いたしました。

新型GOZZOは、伝統を巧みに再解釈し、最新技術を積極的に取り入れて現代的な変遷を遂げつつ、伝統の核心は受け継がれていることが高く評価されました。

受賞した新型GOZZOは、ヴィクトリーデザインのデザイナー、ブルネロ・アカンポーラ氏によって、創業から3代目となるカタルド・アプレア氏の情熱とビジョンをデザインされました。

GOZZOの詳細はココをクリックしてください。

 

サンロレンツォにSXシリーズ登場!

SXシリーズ初のモデルとなるSX88が9月に開かれるカンヌボートショーで発表されました。
23ノットまでのスピードレンジを持つ半滑走型ハルに、VolvoPenta IPS1200を3基搭載、上部構造にはカーボンを仕様。

メインデッキは、前衛的なオープンスペースレイアウトかマスターステートレイアウトの2タイプが用意されています。

アフトデッキは、30平米のビーチクラブとなっている。ハルサイドの後端部は、クレーンとなっておりシートーイの扱いも収容も余裕。

斬新な印象からは想像もつかないリラックス感のある走りも魅力です。

また、2018年には、SX72の発表も控えています。